コスメランキングの情報解禁|注目を集めるシートマスクを比較

高濃度の二酸化炭素が必要

鏡を見ている女性

隙間なくのせる必要性

炭酸パックが効果を発揮するために必要なことがあり、その点だけはしっかりと気をつけて使用しなければなりません。それはパックをすることによって、パックの中から出てくる二酸化炭素を高い濃度で皮膚に浸透させることが必要であるということです。そのためにデザインされているのがジェルパックであり、この仕様は炭酸パックが効果を発揮するために必要なのです。つい忙しかったりすると顔に塗るのが面倒になってしまって隙間だらけになってしまうことがあります。そうなってしまうと二酸化炭素が逃げていくスペースができてしまうために高濃度の環境を生み出すことができなくなってしまいます。そのため、炭酸パックを使う限りはぴったりと隙間なくジェルをのせるように心がけましょう。

二酸化炭素供給の特徴

炭酸パックは二酸化炭素を高濃度で皮膚を浸透さえ、血液中に大量に送り届けることによって効果を発揮します。血液中の二酸化炭素の濃度が高くなることで、身体はその場所で酸素が大量消費されたと勘違いしてしまい、より必要だろうと考えて血流を促すというフィードバックをしてくれるのです。それによって、炭酸パックを施した場所の周辺で血行が良くなり、肌を作る細胞に栄養や酸素がよく行き届くようになるのがその効果の特徴です。身体が誤解してくれるほどの高い濃度で二酸化炭素を供給することがこういった効果を発揮するために不可欠です。そのため、気体である二酸化炭素をあまり通さないジェルをパックの基材として使用して、発生した二酸化炭素を逃がさないようにしているのがパックとしての特徴となっています。